パソコン

OEMの取組

オリジナル化粧品を製造するためにOEMの利用が多くなってきています。ですがOEMがまだメジャーでないため実際にどういった内容なのかを把握している方は多くいません。実態や利用についてを見ていきます。

Read more

低価格のサービス

インターネットが身近になったことで、企業や個人でホームページを持つ人が多くなっています。専門業者ではホームページの運用や制作を行っています。低価格で依頼できる企業が多くなっています。

Read more

幅広い料金設定

誹謗中傷対策の、平均価額は、1,500円程度です。匿名掲示板のような誹謗中傷への対応は、70,000円程度です。徹底的に行う場合は、総合費用は高額になってしまいます。中には、安い価格でサービスを提供しているところもあります。

Read more

匿名だからこそ

近年は有名な某匿名掲示板や個人のブログ以外にも、より敷居の低いSNSが完全に定着しましたね。 特にTwitterは匿名で登録が可能なので、多くの日本人の方が登録して日常的に利用しています。 このことから大手企業や大手メディアも商機を見出し販促活動の一環として活用している企業が非常に多く目にする機会が増えた昨今、同時にインターネットの拡散性に注意を払うことにも企業は余念がありません。 最近では某大手ファーストフード店や大手食品メーカーの商品に異物が混入されているのは発見した消費者がSNS上に画像入りで情報発信してあっという間に拡散しました。 その後、テレビでも報道されて企業価値を大きく損なう結果になったことを覚えてらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

インターネット上では匿名で情報が発信できるので過激な方向に傾いていく傾向があります。 特に有名な企業などが不祥事を起こしてしまった場合、もしくは確定してなくても疑念の種が撒かれてしまった場合は恐ろしい速度でバッシングが広まってしまいます。 もちろん、日頃からネット上のパトーロールを自社で行っている企業も存在しますが、風評被害対策が専門の企業なので限界があります。 風評被害対策は本格的な炎上が始まる前に食い止めるのが非常な大事です。 一度、本格的に炎上して悪意が広まってしまったら時間と費用を掛けて風評被害対策の沈静化に取り組んでいかなければなりませんので日頃からの備えが大切になります。 だからこそ、インターネット上での風評被害対策を業務として行っている企業とは事前に契約を結んでおくのが無難なのです。